富士の麓の知の書斎 日本初の指定管理者制度を導入した公共図書館
山中湖情報創造館 - 図書館 指定管理者: 特定非営利活動法人 地域資料デジタル化研究会 -2007/4/1〜2010/3/31:
|| ホーム || お知らせ | レファレンス | 地域情報 | 富士山資料 | 産業支援 | Web & DB || 利用案内 | 検索/機能 | 資料室 || ショップ | 入出力 || ブログ || アーカイブス サイトマップ
案内
 研修室利用
 視察・見学
 施設案内
 館内案内
 利用案内
 障がいをお持ちの方へ
 24時間サービス
 地図/交通
 スタッフ
 QuickTime VR
 WebGallery

 山中湖文学の森
 山中湖情報創造館
 山中尋常高等小学校
 俳句の館 風生庵
 蒼生庵
 徳富蘇峰館
 三島由紀夫文学館

 *風生庵支援協議会
Google


WWW を検索
サイト内を検索

俳句の館 風生庵

俳句の館風生庵写真 旧天野傅長宅は、山中湖村平野地区に残る旧家でした。古民家の保存と活用のために「文学の森公園」内に移築したものです。

この建物は、富士北麓の典型的な農家のスタイルをつたえており、築後150年以上といわれています。延べ床面積は、158.78平方メートル(約8坪)で、入母屋風甲(かぶと)づくりの萱(かや)葺き屋根でしたが、移築に際し銅板葺きに改修しました。
屋根は、30年から50年ごとに葺(ふ)き替えが必要でしたので、当時は萱を村人みんなで共有林から刈り取り、葺き替えの作業をしていました。
湿度の高い土地柄、床が高く板壁であることも特徴です。
ケヤキの大黒・小黒の柱やモミ・バラモミの梁(はり)などは、民家のもつ温もりと安らぎが感じられます。

当時、土間は豆打ちや、あわ・ひえ・もろこしなどの取り入れにも利用され、いわゆる雑穀置き場や作業場になりました。大きな屋根裏は養室(カイコ)として使われました。
移築後は、「デエドコ」「カッテ」「ヒジロ」「コマ」を展示室に、「オクのデエサ」は富安風生の書斎を演出し、「マエデエア」「ザシキ」は基本的に当時の状態で復元しました。

開館時間: 午前10:00〜午後5:00
休館日 :12月1日〜3月20日
使用料 :村内者 1,000円/時間・村外者 1,500円/時間
問合せ先:山中湖村教育委員会 0555-62-3813
Web: 風生庵支援協議会 公式サイト
   http://www.lib-yamanakako.jp/~fusei/

▲ 上に
山中湖情報創造館(やまなかこじょうほうそうぞうかん)
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
TEL: 0555-20-2727 / FAX: 0555-62-4000
E-mail: info@lib-yamanakako.jp
Web Site: http://www.lib-yamanakako.jp/
Blog : http://yamanakako.exblog.jp/