富士の麓の知の書斎 日本初の指定管理者制度を導入した公共図書館
山中湖情報創造館 - 図書館 指定管理者: 特定非営利活動法人 地域資料デジタル化研究会 -2007/4/1〜2010/3/31:
|| ホーム || お知らせ | レファレンス | 地域情報 | 富士山資料 | 産業支援 | Web & DB || 利用案内 | 検索/機能 | 資料室 || ショップ | 入出力 || ブログ || アーカイブス サイトマップ
案内
 研修室利用
 視察・見学
 施設案内
 館内案内
 利用案内
 障がいをお持ちの方へ
 24時間サービス
 地図/交通
 スタッフ
 QuickTime VR
 WebGallery

 山中湖文学の森
 山中湖情報創造館
 山中尋常高等小学校
 俳句の館 風生庵
 蒼生庵
 徳富蘇峰館
 三島由紀夫文学館

 *風生庵支援協議会
Google


WWW を検索
サイト内を検索

 山中尋常高等小学校は、明治時代に建築され、校舎としての役割が終わった後も、公共施設として最近までいろいろな形で活用されてきました。明治から平成へと時代が移り変わる中で、山中湖の教育の象徴として大きな役割を果たしてきました。

 この校舎は、歴史文化の体験と継承を図ると共に、情報創造館の学習室、研修室として活用する事を目的に文学の森公園内に移築したものです。

 この移築にあたっては、状態よく保存されていた梁、桁、小屋組みなどを使い、三角瓦棒葺き寄せ棟造りを再現し、内外部の仕上げは伝統的な工法を用い、当時の校舎の原形に近い形に復元いたしました。

 山中地区には明治六年、観音堂を仮校舎として上吉田学校の山中分校ができ、明治二十二年には山中分校が中野尋常小学校になりました。明治二十五年に山中尋常小学校、大正十年に山中尋常高等小学校と名称変更しました。山中尋常高等小学校は、一年生から六年生までの尋常科と、その上に二年間の高等科がありました。教科は、修身、読み方、書き方、算術、博物、国史、地理、唱歌、体操、裁縫などがあり、明治の初め頃には、石板や石筆を使い学習し、かすりの着物にさんじゃくを締め、わらぞうりを履いて学校に通っていました。


玄関

学習室(無料)

研修室1

研修室2

プロジェクタ

スクリーン(120インチ)
研修室1、2のご利用について
  • ご利用日の2ヶ月前から受付けます(催し物によっては、ご相談に応じます)。
  • 使用料は、
    村内者 1,000円/時間
    村外者 1,500円/時間
    AV機器 3,000円/回(研修室1あるいは研修室1+2での使用となります)
  • 使用時間は、準備から片付け・清掃までとさせていただきます。
  • [研修室使用許可申請書(PDF版)]をダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAX(0555-62-4000)に送信してください。

    ※すでに、ご予約が入っている時間帯は、ご利用できません。あらかじめご了承ください。

AV制御卓
  • ビデオ、DVD、実物投影機、パソコンモニタを、プロジェクタに投影できます。
  • CD、MD、カセットの再生もできます。
  • スピーカーは、正面左右と天井にあります(5.1chではありません)。
  • 学習室、研修室1、2、および廊下で、無線LANによるインターネット接続ができます。

▲ 上に
山中湖情報創造館(やまなかこじょうほうそうぞうかん)
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
TEL: 0555-20-2727 / FAX: 0555-62-4000
E-mail: info@lib-yamanakako.jp
Web Site: http://www.lib-yamanakako.jp/
Blog : http://yamanakako.exblog.jp/